ホーム » 「現場」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 現場

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

プログラマーの現場での重要な役割

システム開発の現場ではプログラマーの仕事はプログラミングです。
システムを作り上げるためには様々な要素を集める必要がありますが、システムを動かすためのプログラムを作り上げるのがプログラマーの基本的な役割になっています。

ただ、プログラマーはプログラムの考案や設計から担当するわけではありません。
システムエンジニアが設計を担当し、システム全体の仕様書や設計書を作成します。
そして、プログラマーに向けてどのようなプログラムを組む必要があるかを指示する現場が主流です。

プログラマーはシステムエンジニアとの打ち合わせを経て、仕様書と設計書に基づいたプログラムの作成を行います。
現場によってはプログラマーも仕様書や設計書の作成を補助します。

プログラマーはプログラミングスキルに長けているのが特徴です。
システムの仕様に基づいてどの開発言語が適切か、開発プラットフォームとして効率性や将来対応のしやすさを考慮するとどれがベストかといったことを考えて選定することから仕事が始まります。
そして、仕様を満たすプログラムを作成した後、デバッグをしてプログラム単体として動作することを確認するのがプログラマーの仕事です。

ただ、必ずしも設計書通りにプログラムを構築しても、システムとして目的を達成するような機能が生まれないこともあります。
システムエンジニアの意図を汲んでどのようなプログラムがより良いかを考えるのもプログラマーの重要な役割となっています。